ENERGY SOLUTION

マイティーバイオ-S(排水用バイオ製剤)

HAMADAのマイティーバイオ-Sでグリーストラップの問題を解決

マイティーバイオ-S(排水用バイオ製剤)

業務用厨房や食品工場などから排出される汚水に含まれる廃油脂分等は、グリーストラップでは分解されにくく、放置すると悪臭や配管の詰まりなどの原因になります。浜田の「マイティーバイオ-S(排水用バイオ製剤)」は環境にやさしいバイオテクノロジーの技術を使って、排水を微生物によって分解処理し、グリーストラップのさまざまな問題を解決します。

※グリーストラップとは | 油脂(グリース)を含む汚水をそのまま流さず、一時的にせき止め(トラップ)、溜めておく装置。水質汚濁防止法や下水道法で設置が義務付けられた油水分離阻集器のこと。


マイティーバイオ-S(排水用バイオ製剤)を施設に導入後、効果をすぐに実感できます。
実例01/工場排水処理施設の場合

マイティーバイオ-S(排水用バイオ製剤)を使用すると、曝気槽でのバルキング(膨化)が起こりにくくなり、注入後数ヶ月で沈澱槽の透視度が向上し運転管理が容易となります。また、非活動菌の分解効果も期待でき、返送汚泥量を調整することによって脱水汚泥量が減少し、産業廃棄物処理費用の削減に繋がります。


実例02/業務用厨房の場合

マイティーバイオ-S(排水用バイオ製剤)を使用すると、右写真の効果を得られます。酸素を供給することでより早く効果を得ることができます。

お問い合わせ・資料請求はお気軽に

Tel.072-686-3100
ゼロエミッションリサイクル「株式会社浜田」